第15屆日本全國女將高峰會 盛況空前
主題為「觀光立國・日本」

|  日本語  |


旅館擔大綱 女將為主角
有困難必排解 旅館糾紛專線110


 第15屆「日本全國女將高峰會(Japan Okami Summit 2004)」,在日本讀賣新聞以及旅行新聞新社的籌劃合辦下,於7月8、9兩天在東京台場美麗殿飯店盛大舉行,本次高峰會共有來自日本全國41各大旅館的191位女將參加,是自1990年首屆舉辦以來參加人數最多的一次大會。
 每年舉辦一次的「日本全國女將高峰會」,是全國溫泉旅館界的大事。女將們藉由大會的舉辦,研討有關旅館經營等相關議題。
在第一天的開幕大會上,「日本全國女將高峰會」的委員長山代溫泉「百萬石大飯店」女將吉田美喜致詞時說:「女將高峰會提供大家一個切磋學習的最佳機會,希望大家都有豐富的收穫;2004年為日本觀光年,在小泉總理大臣的號召下,我們日本女將們也擔負振興觀光的重要腳色,爲日本的觀光大業貢獻我們得真誠服務與全心全力的支援。」
「百萬石大飯店」女將吉田美喜與母親大女將吉田喜代子擔任前後任的委員長,跟上一屆的委員長山形縣上山溫泉「古窯」女將佐藤洋詩惠與婆婆大女將佐藤幸子擔任前後任女將高峰會委員長同樣在旅館界傳為佳話。
 今年邀請的兩位主講人,首先是有「鐵血男人、最佳領導能力」的阪神虎隊前任監督星野仙一先生,他充滿魅力的演說贏得在場所有女將的掌聲與熱淚,他獻給女將們最動人的話語是:「商場如球場,經營旅館如管理球隊一般,要用心用情更要有魄力,旅館的客人有如球隊的球迷,爲了回饋他們的支持與熱情,隨時都要準備呈現最佳的演出。女將們給客人最好的賀禮就是親切的笑容;而這笑容也是各位女將最美最自然的化妝。」
 第二位講者是現年75歲文質彬彬的中坊公平先生,他可是位頂頂有名的大律師,以對抗金融惡勢力與推動司法改革著稱,他擔任辯護時的用心,還有他令人折服的洞察力與正義感,使得他的案件被拍成電視系列,他的著書『野戰指揮官中坊公平』以及『中坊公平・我的事件簿』更是律師們學習的寶典。出生旅館世家的中坊先生在退休後,回到京都老家,他將擔任律師的經驗活用到旅館經營與危機管理,沒想到旅館經營大有起色,他仔細分析了女將的工作與管理員工的方法,令女將們大有斬獲。
2004年為「日本觀光年」, Japan Okami Summit的主題為:「日本觀光立國・日本;旅館擔大任,女將為主角;旅館糾紛專線 110排解問題」。女將高峰會配合政府「觀光立國」的「YOKOSO Visit Japan Campaign(VJC)」,特別舉辦「Workshop商談會」,邀請從台灣、中國、韓國、香港來的主要旅行社業者以及媒體參加商談會的活動。台灣天喜旅行社總裁郭正利、五福旅行社歐明山董事長、福泰旅行社總經理楊秋瑛以及東南旅行社協理廖培沅等旅遊圈名人在會場上備受日本女將重視。
 晚上的「女將之夜」更是整個高峰會的高潮,日本國土交通大臣也是被小泉改革內閣任命為「觀光立國擔當大臣」的石原伸晃的蒞臨引起一陣騷動,現年47歲的石原,父親就是赫赫有名的東京都知事石原慎太郎,畢業於名校慶應大學的他,從事過日本電視台政治記者工作,擔任過多屆眾議員,外表及口才同樣出色的石原,本身也是少林拳法三段的高手,他提到「目前是世界大交流時代的來臨,根據世界觀光組織WTO的推測,到2002年世界觀光人口為7億,到2020年會增加為16億人。日本雖然每年有超過1千6百萬以上的出國觀光人次,但是海外來訪旅客不過5百多萬,因此日本目前積極推動國際觀光,在這方面必需好好借重女將們的力量,成現日本最具魅力的親切待客之道與傳統文化。」
 當天晚上,根據日本傳統舉行為敲擊酒樽之「鏡開」儀式,接著有島根縣提供的「石見神樂」的代表大戲「八岐大蛇」,精采的演出贏得滿堂彩。
 「女將之夜」結束之際,曾經於日本月岡、瀨波、草津、伊香保等溫泉鄉見習當溫泉旅館的女中及女將的Spa Lady(2003年女將高峰會講師)應邀上台致詞,她以親身實習體驗道出她對女將的詮釋:「如果旅館是一個國家的話,女將就相當於『總理大臣』或『行政院長』的職務。全世界找不到像日本溫泉旅館如此固守傳統的神祕天地,在旅館裡,女主角是女將,女中是女將的分身。女將的細心與體貼帶給客人溫馨甜蜜的感受,正如同溫泉一般溫暖且窩心。」Spa Lady的致詞引起女將集與會貴賓們熱烈的迴響。
「女將高峰會」的第二天上午是女將們深入學習的「分科會」,為了配合「日本觀光立國;旅館糾紛專線 110排解問題」的主題,五個分科會分別為:第1「風評被害・大眾傳媒的對策」(講師=讀賣新聞鶴岡憲一編輯委員、律師柳沢尚武)、第2「旅館賠償責任保險」(講師=JTB日本交通公社旅連事業部長中村康明、東京海上火災保険㈱旅行営業部課長前田利毅、律師中山先生)、第3「如何應對抱怨及責難」(講師=日産自動車顧客服務部門主管家田和彦)、第4「旅館與法律的相關」(講師=律師黒岩哲彦、律師中野麻美)、第5「如何應對旅行業者的抱怨及責難」(講師=JTB日本交通公社東日本營業本部顧客相談室宮治室長、律師岡田啓資)。「分科會」結束後由各個「分科會」派代表做總結心得報告,然後由「日本全國女將高峰會」的委員長女將吉田美喜致閉會辭,圓滿結束2004年最盛大的「日本全國女將高峰會」。



第15回全国旅館おかみの集い
全国の旅館女将191人が大集合

 

過去最多の参加者を記録  JVCをバックアップへ商談会開く
懇親会は伝統芸能観賞のジャパンナイトで


 第15回全国旅館おかみの集い運営委員会(吉田美喜委員長=石川県山代温泉・ホテル百万石女将)および株式会社旅行新聞新社(石井貞徳社長、本社・東京都千代田区)は04年7月8日・9日の2日間、東京都港区台場のホテルグランパシフィックメリディアンで「第15回全国旅館おかみの集い-全国女将サミット2004東京」を開催いたします。これは全国の旅館・ホテルの女将、女性幹部らを対象に年に一度開催している琩イベントで、集いを通じて女将のネットワークづくりを目的としています。後援・読売新聞東京本社、協力・日本酒造組合中央会。
 今年は15回目の記念の「集い」を迎え、参加者は191人と過去最多を記録しました。テーマは「観光立国・日本-担い手は旅館、主役は女将〜解決します! 旅館トラブル110番」。1日目はプロ野球、阪神タイガース前監督の星野仙一さん、元弁護士の中坊公平さんの二人を招き、それぞれ講演をお聞きし、続いてワークショップ、歴代「集い」委員長による「トークショー」を行います。また、2日目の分科会ではメインテーマに基づき、別に設定した5分科会のなかで、プレゼンターの専門家、そして弁護士を交えて「旅館と法律」との関わりを探り、旅館が現場で悩んでいるさまざまなトラブルについて問題解決に向けた対応策などを話し合います。今回は全国41都道府県から191人が参加します。参加がないのは大阪府、島根県、香川県、愛媛県、徳島県、宮崎県の6府県です。
 今回の「集い」は国が進める2010年に外国人客を1000万人までに倍増させることを目指す訪日外客事業「ビジット・ジャパンキャンペーン(VJC)」に呼応するかたちで、財団法人地域伝統芸能活用センター(瀬島龍三会長、本部・東京都新宿区)と協力、VJC事業の一環として実施いたします。同センターが招へいしたアジア近隣の4カ国・地域(韓国、中国、香港、台湾)の旅行会社・マスコミ関係者24人に対して「集い」参加の女将さんが観光地の魅力や自館の魅力を直接アピールすることで、具体的な集客活動につなげる「ワークショップ(商談会)」(49施設が参加します)や、歴代の「集い」運営委員長による「トークショー」、さらに懇親会で地域伝統芸能活用センター提供による島根県浜田市の「石見神楽」(長澤社中)を鑑賞しながら日本の伝統である旅館、その担い手である女将と、海外からのお客様との交流を核にした“ジャパンナイト”として開催するなど、パラエティーに富んだプログラムを用意いたしました。
 なお、海外のお客さまらは7月5日から9日までの日程で岐阜県下呂温泉、飛騨高山、石川県山代温泉などを巡るファムツアーに参加しており、8日の「集い」ワークショップが最終プログラムとなります。
 2日目の5つの分科会は第1「風評被害・マスコミ対策を考える」(プレゼンター=鶴岡憲一氏・読売新聞東京本社編集委員、弁護士=柳沢尚武氏)、第2「旅館賠償責任保険について」(プレゼンター=中村康明氏・JTB旅連事業㈱事業部長、前田利毅氏・東京海上火災保険㈱旅行営業部課長、弁護士=中山ひとみ氏)、第3「異業種のクレーム対応について」(プレゼンター=家田和彦氏・日産自動車㈱お客様サービス本部主幹)、第4「旅館と法律について」(弁護士=黒岩哲彦氏、中野麻美氏)、第5「旅行業のクレーム対応について」(プレゼンター=宮治せつ子氏・JTB東日本営業本部お客様相談室長、弁護士=岡田啓資氏)で、プレゼンターの総論説明に続き、参加者からのアンケート事例を基に話し合い、弁護士が具体的なアドバイスを行います。
 第15回全国旅館おかみの集い開催に当たり、吉田美喜委員長は「観光振興を国づくりの柱に―との観光政策審議会の答申や、小泉総理大臣主催の観光立国懇談会が開催されるようになったのは、この集いを通じて私たち女将が真剣に議論し、勉強してきた結果」とし、「どんなことにも負けず、明るく笑顔でともに励ましあい、旅館業のすばらしい未来に向かって勉強しましょう」との決意を述べています。
 

 


Okami Net Official Website http://www.okami.ne.jp/
Spa Lady’s Okami Experience in Japan
http://www.spalady.com.tw/english/page2_jnto07.htm
 

TOP

| 上一篇文章 |  | 下一篇文章  |  | 回中文首頁 |


Copyright © J'STUDY PUBLISHING INC. 2002. All rights reserved.
本網頁之內容文字及照片未經同意嚴禁轉載使用
網站設計維護TEL:(+886-2)8771-4088